読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でるはら

出る腹から生まれました(2017年3月)

妊娠生活38週目:もう遠出はしないつもりだったのが予定変更

すでに正期産に入り、予定日まであと2週間。

もう遠出はしないつもりでしたが

週末に高速道路で1時間程かかる

隣の市へ出かけて来ました。

 

私が住んでいる市には

産科が1軒しかないうえ

そこは院内助産院のみで

帝王切開になると対応出来ません。

 

今のところ何もトラブルが無い私は

市内の病院で出産予定ですが

年齢的なリスクだけは確実にあるため

もしかしたら先生の判断により

急遽、隣市の病院へ転院する可能性があります。

 

いざ陣痛や破水が起って

自宅から病院へ移動する場合は

2ルートのみで迷うことはありませんが

そのどちらも微妙なんです。

 

① PAやSAの無い高速道路

② 山道のカーブが続く峠の一般道

 

前者は正確に言うと高速道路では無くて

無料のバイパス道路の様なものです。

ただし一度乗ったら

途中で停車することが出来ません。

 

後者は停車することは可能ですが

走り屋さんが好きそうな

カーブだらけの峠を越える山道です。

 

友人曰く、陣痛がひどいタイミングでは

車の揺れも「無理!」となったそうなので

いざという時に停車出来ないのも辛い。

 

停車は出来るものの

山道でカーブが続くのも辛い。

 

・・・という究極の選択となりました。

そこでオットと行きは高速を使い

帰りは山道のルートを試すことにしました。

 

一般道の方が良いのかな?と思っていましたが

実際走行してみたら、想像以上にカーブがきつく

お腹の肉が遠心力によって外に引っ張られ

すでに「イテテ・・・」という状態に(笑)

 

結果としては停車出来なくてもいいから

一定のペースでまっすぐ走る方が良い

という結果となりました。

 

それから、せっかく隣の市へ行ったので

当分の間はお預けとなるだろう

お洒落なイタリアンで

贅沢価格のランチを頂きました。

 

前菜の中にレバーのパテが出て来て

それを食べた途端に

「ああ、これに赤ワインを合わせたい・・・!」

と猛烈に焦がれてしまいました。

 

妊娠が発覚してから禁酒していますが

それほどお酒を欲していなかったのに

昨日は飲みたさのあまり身悶えました。

ああ、パスタも美味しかったなあ・・・

 

38w3d