読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でるはら

出る腹から生まれました(2017年3月)

妊娠生活36週目:発育が早すぎるのも遅すぎるのも悩ましいわけで

昨日は検診に行って来ましたよ。

「あと一週間で生産期ですね~」と

先生に何度か言われましたが

私としてはギリギリまで

お腹の中にいて欲しいですね。

 

推測体重が常に平均よりやや軽くて

(常にギリギリラインでキープ中)

2500g未満で生まれてしまうと

役所に届けないといけませんが

あとひと踏ん張り!というところです。

 

ママアプリの掲示板を見ると

事前の推測体重よりも、

実際に生まれた体重の方が

少なかった方が多い傾向にあるようです。

 

・・・ということは、実際には

まだ全然足りてない可能性が高いですね(;´∀`)

出て来るには早いからね~と囁いてます。

 

ところで、先日参加した母親学級ですが

初回に顔見知りになった女性から

「あの時の●●さん覚えてますか?」と話が出ました。

 

「覚えてるよ。私達より1ヶ月位早かったから

 そろそろ生まれる頃かな?」

 

「通常よりも発育が早すぎて

 緊急入院で出産を早めたそうですよ」

 

なんと!確かに前回の母親教室で会った時も

「他の妊婦さんより私のお腹大きいみたいで・・・」

とは彼女も話していたんですよね。

 

私とは一ヶ月先の週数でしたが

一ヶ月後に私がその状態になったかと言うと

全然そこまでの状態にならなかったですし。

 

早産になりそうで緊急入院した話は

ママ掲示板で割とよく目にして来ましたが

あえて早産にするために

入院することもあるんですね。

 

お腹の中の子の発育が良いのも

善し悪しなんだなと感じた話でした。

 

ちなみに出産方法までは尋ねませんでした。

本人から聞くならいいけど、何となくね。