でるはら

出る腹から生まれました(2017年3月)

妊娠生活36週目:病院で開催された母親学級は参加して良かったと思う

ついに臨月と呼ばれる月に突入しました。

正産期は37週からなので

臨月でもまだ生まれちゃアカーンですが。

 

先日、病院で開催される母親学級に参加しました。

前回参加したのは10月末だったようですね↓

deruhara.hatenablog.com

その時は6人位だったのですが

今回は10人以上は参加していたので

沢山いるなあ!という印象でした。

 

前回の母親学級は妊娠中の

生活についてが中心だったので

ある程度自分で勉強している人は

参加してもしなくても・・・という印象でした。

 

今回は陣痛から出産までを助産師さんが

人形・胎盤・骨盤の模型を使い

実際に身体で再現して見せてくれたので

写真や文章ではピンと来ていなかった部分が

分かりやすく、参加して良かったと思いました。

 

産む時の態勢についても

仰向け、横向き、四つん這いと

それぞれ助産師さんが見せてくれて

私としては横向き(側臥位分娩)で

産んでみようか?という気持ちです。

 

まあ、それほどこだわりが無いので

その時の状況で助産師さんなり

先生の指示に従いますけど。

 

そういえば母親学級では

予定日が早い順から並んだのですが

やはりお腹の大きさは個人差がありますね。

 

この中の何人かとは入院時に

顔を合わせるかもしれません(*´ω`)