でるはら

出る腹から生まれました(2017年3月)

ミルクを飲みながらウンチを同時にしますか?

生後0ヶ月の間は、入院期間も含め

2週間検診や1ヶ月検診

地域の助産師さんの訪問などあり

何だかんだで詳しい方に

接する機会が多かったのですが

1ヶ月過ぎたら、病院に行く機会も

予防接種まで基本的にありません。

 

不安なことは病院へ電話してと言われましたが

忙しそうな小児科で聞く程でも・・・

という内容だと遠慮してしまいますよね。

 

たとえば『ミルクを飲みながら

ウンチを同時にするのは普通ですか?』というもの。

ね?どうでもいいような質問でしょう。笑。

 

 結果としては、する子は結構な頻度でするし

しない子は一度もしないと分かりました。

初めての育児は、毎日小さな疑問が沢山ありますね。

 

ウンチに関する素朴な疑問がいくつかあったので

別のサイトでまとめてみました。

danna1982.com

長文ですが、宜しければこちらもどうぞ~。

 

生後1ヶ月:うちの娘は「よく飲む子」ですが「よく寝ない子」です

あっという間の毎日なので

当然あっという間に一カ月が経過しました。

 

一般的に「よく飲み、よく寝る子」は

育てやすい子と表現されますね。

 

うちの場合は小さく生まれた割りに

よく飲む子(むしろ飲み過ぎの傾向あり)ですが

基本的にちっとも寝ない子です。

 

最長グズリ記録は8時間でした。

しかも夜。涙。

さすがにそこまでの記録は無いですが

平均で3~5時間連続で泣くはグズるわで

ついに我が家の抱っこマシーンである

オットの手首が壊れました(;'∀')ピンチ!

 

一カ月検診で話した顔見知りのママさんの子は

何時間も眠り続ける子だそうで・・・

めちゃくちゃ羨ましい!と思いました。

 

ところが、頻繁にウンチ漏れをする子だそうで

夜中に赤ちゃんの肌着を取り変え

さて寝ようと布団に入ったら

自分のパジャマにウンチが

べったりついていたことに気付いたそうなΣ(゚д゚lll)

 

うちはかろうじて、オムツから外への

ウンチ漏れはまだ無いけれど

毎日寝ない子と、ウンチ漏れる子

どっちが「育てやすい子」なのかしらん・・・

 

日々、どうやってグズリを回避するか

試行錯誤しています。

そのうちご紹介する記事を書きたい・・・

 

本日のBGMはこちらにしました↓

 

生後0ヵ月:赤ちゃん向けオルゴール動画と保険金請求への電話

ムスメの貴重な睡眠時間

里帰りをしていない私は

その時間にやりたいことは沢山あります。

 

特に延び延びになっていた

生協の共済への電話が

やっと繋がりました。

 

と言っても、請求申請に使う

書類を送ってもらう電話なんで

まだ道のりは長い・・・(;'∀')

 

妊娠中に加入したのですが

本当に帝王切開になるとは

思ってもいませんでしたね~。

 

 本日聞かせてみた動画。 

何度も渡されるエジンバラテスト(産後うつ)の項目が悩ましい

通常の新生児との生活に加えて

もともと通院していた産婦人科

2週間検診を受けたり

(実際には3週間検診状態だけど)

地域の保健師さんが来訪したりと

毎日バタバタしています。

 

隙を見てネット注文した

返礼品が本日届きました。

その中身と言えば、出産祝いの内祝品よりも

香典返しの方が多いんですよね。

 

出産を挟んで、前後に身内に不幸がありました。

盆と正月が一緒状態に加えてもひとつ盆。

それもあって、私は他の緊急搬送や

緊急帝王切開の方よりも

やることが多かったのです。

 

そっちのことは兄に任せたとは言え

何というか気持ちはお祭り状態でしたね。

ははは。

 

出産した病院や2週間検診を受けた病院

保健師さんからエジンバラテストという

産後うつチェックを毎回渡されるのですが

そのなかに毎回微妙に困る質問があります。

 

 それは「身近な人が亡くなったことはありませんか?」

というような項目があるうえに

「悩みを母親に相談できますか」

と具体的にあるもんだから

その通りに記入すると、

相手が言葉に困るというね。

そりゃそうですよねえ・・・笑。

 

幸いなことに新生児の対処で忙しく

悲しんでいる暇もないまま

もうすぐ49日になりそうです。

ああ、時が経つのが早い!

もうすぐ出産予定の方に:入院中に〇〇しようと考えない方がいいです(;'∀')

入院期間は地域によってそれぞれですが

私の場合、帝王切開で8日間でした。

西日本の都市在住の友人によると

これはけっこう長いようですね。

 

友人には羨ましがられましたが

私は早く帰りたくて「あと何日・・・」と

毎日何度も数えていましたけど。

 

入院期間もそうですが

母子同室、母子別室のあるなし

それが何日目からなのか

などもまた違うと思います。

 

私が急きょ転院した病院では

入院中、それは想像以上に忙しく

3時間ごとの授乳はもちろん

ウンチ、おしっこでオムツを替え

ギャン泣きする赤子を片手で抱きながら

自分自身の三度の食事を詰め込みまくり。

 

なんとか空き時間を見つけ

体力回復のために横になると

看護師さんが状態を確認するため

血圧を測ったり、採血したり

悪露はどんな量で色だとか

昨日の尿や便の回数(頻尿の私はメモ必須)を

聞かれたりしているうちに

30分間のシャワーの順番が迫ったり

事務的な書類が次々届いたり

とにかく24時間、時間に追われまくりで

毎日体重が1キロ前後減り続け

退院時にはほぼ妊娠前の体重になったのです。

 

こんな生活を送っていたら

人生で初めて高血圧になりました。

これまで上が100越えたことのない

低血圧人間だったのに・・・(;'∀')

 

入院中に退院後の生活に関する

本でも読もうかと持ってきてもらいましたが

結局1ページも開きませんでしたね。苦笑。

 

後から帝王切開で入院してきた方が

「名づけ辞典」を持参されていましたが

ゆっくり考えている余裕無かっただろうなあ・・・

 

生まれた時点で赤ちゃんは一人の人間として

入院するための書類を提出せよと迫られます。

 

ということは、健康保険の加入が必要ですよね。

手続きするためには、名前を決めないといけない。

もちろん出生届けも必要です。

これもまた名前が必要。

 

もちろん加入手続きが遅くなっても

一度10割負担の全額を支払い

後で手続きすれば戻ってきます。

けれど余計な手間は極力減らした方が

絶対良いと思うので、名づけはお早めに!

 

もうすぐ出産予定の方に:緊急搬送された私がすれば良かったと後悔した話

もうすぐ出産予定で

今のところ経腟分娩予定の方に

私が後悔していることを

お伝えしようと思います。

 

それは、経腟分娩用の用意しか

してなかったことです(^_^;)

 

私は定期検診に行ったその場で

隣市の周産期医療センターへ

救急車へ搬送されたため

車で2時間半ほど離れた

葬儀場へ向かっていたオットへ

電話とLINEで戻ってくるよう指示を出しました。

 

手術の承諾が必要だったので

真っ直ぐ病院へ向かってくれた方が

ベストだったと後から知りましたが

(病院側も先に言ってくれればいいのに)

 

自宅から隣市の病院まで1時間かかるため

オットは家に立ち寄り

入院グッズを持って来てくれたんですね。

 

用意しておいた入院グッズを

丸ごと持ってきてくれましたが

陣痛時に備えた大半の物は

全く活躍しませんでした。

むしろ荷物になって邪魔、みたいな(笑)

 

例えば、出産後の骨盤ベルトよりも

手術直後の腹帯が必要だったり、

ウィダーインゼリーや

スポーツドリンクはダメで

水のみに限られていたとかね。

結局、病室の水道水を飲みましたよ、ええ。

 

ちなみにインフルエンザ対策で

面会謝絶となっていたため

手術室に入るまでの間と

手術室から出た直後の5秒位

オットと顔を見合わせたきり

8日後の退院まで会えませんでした。

 

当然、不特定多数の人がいる売店どころか

エレベーターや自販機エリアも立ち入り禁止。

お金はあっても自分では

何も買えなかったです。苦笑。

 

帝王切開を予定していなかったとは言え

せめて、こんな流れなんだなと

イメージしておくべきだったと反省しています。

生後0カ月:里帰りしない&応援来ない生活で1週間経ちました

病院から退院したのは先週の金曜日。

あっという間の1週間でした。

 

私の両親は高齢のため里帰りはせず

夫の実家はやや高齢に加えて

だいぶ遠方のため里帰りはせず

同じ理由で、双方の親に援助は

お願いしませんでした。

 

実は入院前、身内に不幸があり

それに対応しているさなかに

私が緊急入院となったため

退院して戻った家の状態は

だいぶ混乱した状態でした。

 

その状況に新生児が降臨\(^o^)/

当然赤ちゃんは待ったなしなわけで

この一週間、それはもう・・・もう・・・

 

お陰で体重はすでに妊娠前まで戻りました(ヽ''ω`)

まあ体型はまだ完全に戻ってはいません。

具体的に言えば、腹回りのみまだ脂肪が・・・

帝王切開の傷があるので

運動はまだ当分出来そうにありません。

このまま定着しませんように(;'∀')

 

怒涛の1週間でしたが

それでも今日はPCを立ち上げて

ブログを書く位の余裕は出来ました。

 

今、薄暗い部屋でブログを書いているのは

昼寝をしているオットと娘を

起こさないようにしたいから。

 

色々、ブログにしたい話は沢山ありますが

忘れないようにメモだけ残して

おいおい、記事にしたいと思います。